ご自宅の外壁に、「塗り替えサイン」は出ていませんか?

外壁の見た目が変わったように感じる。ひび割れが目立つようになってきた……。外壁に触れると白い粉がつく。このような場合は、そろそろ外壁の塗り替えを検討するタイミングかもしれません。

こちらでは、兵庫県神戸市・明石市を中心に、低価格・高品質な外壁塗装を提供する「ケーレックス」が、外壁塗装のタイミングや施工の流れなどを詳しくご紹介しています。正しい知識を身に着け、適切なメンテナンスで大切な建物を守りましょう。

塗り替えのタイミングについて

塗り替えのタイミングについて

外壁の塗装は、一般的に約10年周期で塗り替えるのが良いとされています。近年は高い耐久性を持つ新しい塗料も登場しており、耐用年数も長く謳われているものもありますが、周囲の環境・施工状態などによって適切な塗り替え時期が早まる場合があります。反対に、メンテナンスによってもっと長く耐久性を維持できるケースもあります。大切なのは、塗り替えが必要になってきたタイミングを見逃さないように、外壁の様子をチェックしておくことです。以下に、塗り替えのサインと考えられる外壁のトラブルをご紹介します。

外壁のセルフチェックリスト
退色 色が薄くなったり、色が変わったりしたように見える場合は、紫外線などによる退色が進んでいます。同時に塗装面の性能も徐々に低下していますが、すぐに対処が必要というわけではないでしょう。しかし、見栄えのために塗り替えを検討される方も少なくありません。
チョーキング 塗料の成分が白い粉状になり、壁に付着した状態を「チョーキング」と言います。塗装面の劣化が進むと起きる現象で、塗料の保護効果が失われつつあります。ここからは劣化が早まっていくため、塗り替えを検討するタイミングだと言えます。
クラック(ひび割れ) さらに劣化が進むと、塗膜面にクラック(ひび割れ)が見られるようになります。ひびから雨水が侵入すると塗料の剥がれにつながり、塗装と外壁の間に水が入ってカビが発生してしまうこともあります。
コーキングのひび割れ 外壁材同士の目地部、サッシとの継ぎ目などに亀裂が見られる場合は、コーキングが劣化しています。外壁材・構造部分に水が侵入しやすい状態になっていますので、早期の対策が必要です。
塗料の剥がれ クラックやコーキングのひび割れなどを放置していると、だんだん塗装面の剥がれが目立つようになってきます。この状態になると塗料の保護機能は失われてしまいますので、雨水や紫外線から外壁材を守ることができなくなります。
コケ ジメジメした場所には、コケが生えやすくなります。見た目だけでなくメンテナンス性にも影響しますので、コケが目立つ場合は対策を考えましょう。また、塗装面の劣化が進んでいることも考えられますので、塗り替えの検討をおすすめします。
さび 金属系のサイディング、その他の金属部分は防錆処理が施されていますが、劣化して防錆効果が失われるとサビが目立つようになります。外壁塗装の劣化も進んでいる可能性があるため、塗り替えを検討しましょう。

塗装の目的

家の中のクロスやフローリングとは違い、外壁はじっくりと様子を見る機会が少ないのではないでしょうか? しかし、外壁塗装は紫外線や雨風などから建材を守るという大切な役割を担っています。塗装の劣化が進んで保護機能が低下すると、建材は外部からのダメージを直接受けることに。建材、構造部分に雨水が侵入して腐敗が進めば、建物自体の寿命も縮めることになります。

こういったダメージから建材や建物を守ること、そして見た目の美しさを維持すること。この2つが外壁塗装の主な目的です。

住宅そのものや建材を守る

住宅そのものや建材を守る

外壁塗装の塗膜は、外壁が雨水や湿気を吸収することを防ぐ役割を果たしています。塗膜が劣化すると雨水や湿気が外壁に吸収され、その水分が建物内部に侵入する可能性も。それが構造部分の腐食につながり、建物が取り返しのつかないダメージを受けてしまうこともあります。住宅そのもの、また住宅を構成している建材を守るためには、外壁塗装を適切なタイミングで塗り替え、その機能を維持することが重要です。

建物の美観を維持する

建物の美観を維持する

外壁の塗装は、建物の外観を大きく左右します。美観維持も塗装の重要な役割。長い時間が経過して紫外線や雨風にさらされ続けると、最初はキレイだった塗装がだんだん色あせてきたり、ホコリで汚れたり、傷がついたりします。特に一部だけ劣化が進むと色ムラができてしまい、見た目の印象を悪くする原因に。外壁を塗り替えると、また美しい見た目に戻すことができます。さらに、新築時と異なる色の塗料を使えば、建物のイメージをガラリと変えることも可能です。

施工の流れ

【1】お問い合わせ

住宅に関するお悩み・お困りごとがあれば、何でもお気軽にご相談ください。お問い合わせはお電話、またはメールフォームにてうけたまわっております。

【2】現地調査
お客様のご都合の良い日時に訪問し、現地調査を実施。塗装の状態や周囲の状況を確認させていただきます。お客様のご要望などもうかがいますので、塗料のこと、予算のことなど、何でもお聞かせください。
【3】ご提案・お見積り
現地調査の結果・ご要望に基づき、最適なプランと見積書を作成・提出いたします。見積り後にかならず契約していただく必要はございませんので、安心してご相談ください。無理に契約を迫るようなこともいたしません。現地調査、見積りの作成・提出は無料です。
【4】ご契約
プラン・見積書の内容にご納得いただけましたら、正式な工事請負契約をお願いいたします。
【5】近隣へのご挨拶
施工前に、当社から近隣の方へご挨拶をさせていただきます。工事の期間・内容などもきちんとご説明してから、工事をスタートします。
【6】足場設置・飛散防止シートかけ
塗装作業に必要な足場を組み、塗料の飛び散りを防止する飛散防止シートをかけます。お客様、近隣の方へご迷惑をおかけしないよう細心の注意を払い、しっかり準備を行います。
【7】高圧洗浄
塗料と外壁がしっかり密着するよう、塗装前に高圧洗浄を行って外壁に付着した汚れやホコリを除去します。
【8】養生
窓・サッシなどをビニールやテープで養生し、塗料の付着を予防します。お庭に置いてあるものやお車、また必要に応じて近隣にもシートをかけて養生します。
【9】下地の補修
外壁にひび割れなどの凹凸があるとキレイな塗装面に仕上がりません。そのため、古い塗装を完全に除去し、下地処理を行います。また、シーリング目地、金属部分などの補修やさび止めが必要な場合は、適切な処理を行います。
【10】塗装
下塗り・中塗り・上塗りと3回の重ね塗りを行います。重ね塗りをすることで塗膜の耐久性が高まり、仕上がりもムラがなくキレイになります。
【11】施工チェック
塗装完了後、まずは自主検査を行って仕上がりを徹底的にチェックします。その後、お客様に立ち会い確認をお願いいたします。高い場所などはお客様に見ていただくことが難しいため、写真や動画を撮影してご確認いただきます。
【12】足場の撤去・清掃、ご近所への挨拶
足場を撤去し、現場・周囲の清掃を行います。お客様のご自宅はもちろん、近隣住宅の周辺まで清掃。来たときよりもキレイな状態で工事を終えるよう努めます。その後、近隣の方へお礼・ご挨拶をさせていただきます。
【13】お客様へのご報告・お引渡し
お客様立ち合いのもと、現場の最終確認をお願いいたします。問題がなければ工事完了、お引渡しとなります。このとき、施工報告書・保証書をお渡ししますので、ご確認の上、大切に保管をお願いいたします。
【14】アフターフォロー
施工には万全を期しておりますが、万が一何かトラブルがあれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。迅速に対応させていただきます。
外壁塗装の疑問やお悩みは、何でもお気軽にお問い合わせください。