内装解体家屋解体お任せください!

内装解体家屋解体
お任せください!

内装解体でこんなお悩みありませんか?

内装解体でこんなお悩みありませんか?

内装解体でこんなお悩みありませんか?

  • 人手不足で解体に手が回らない
  • 既存の解体業者の仕事の質が悪い
  • 他のテナントや部屋、建物を傷つけないか心配
  • 配線、配管に影響がないか不安
  • 工期が間に合わなくなるので早く解体を進めたい
  • 部分的な解体だけ依頼したい

ケーレックスにお任せください!

ケーレックスにお任せください!

完全自社施工でお客様にご満足いただけます

完全自社施工でお客様にご満足いただけます

原状回復

原状回復

部分解体

部分解体

リニューアル

リニューアル

ケーレックスにお任せください!

内装解体(スケルトン工事)とは?

内装解体(スケルトン工事)とは?

内装解体(スケルトン工事)とは?

内装解体(スケルトン工事)は閉店・契約満了・リニューアルなど店舗やテナントがビルや店舗のオーナー、管理会社様に一時的な場合も含めて明け渡すときに行う解体工事です。原状回復作業における内装部分の解体を運び出し、破棄までの作業を内装解体では行います。
通常、内装解体は原状回復工事の一環として行われますが、内装解体のみを依頼する分離発注を当社では承っております。分離発注を行うことで人手の足りていない現場の工期を短縮したり、コスト削減が見込めます。また、ケーレックスでは状況に応じた部分解体もお受けしております。リニューアル等で少しだけ工事が必要になった場合にもお気軽にお申し付けください。

解体工事でこんなお悩みありませんか?

解体工事でこんなお悩みありませんか?

解体工事でこんなお悩みありませんか?

  • どこに依頼すればよいのかがわからない
  • 解体費用が高そう
  • 解体業者のイメージが悪い
  • ご近所とのトラブルが心配
  • 住んでいる家を取り壊したいけど、段取りがわからない
  • 不法投棄しないか心配
  • 不動産を相続したけど、どうすればよいのかわからない

ケーレックスにお任せください!

ケーレックスにお任せください!

完全自社施工でお客様にご満足いただけます

完全自社施工でお客様にご満足いただけます

住宅の建て替え

住宅の建て替え

相続対策で更地

相続対策で更地

土地活用で駐車場

土地活用で駐車場

ケーレックスにお任せください!

解体工事とは?

解体工事とは?

解体工事とは?

家屋や建物を取り壊す工事です。ただし、解体工事は家屋を壊して終わりというほど簡単ではありません。住宅街では家屋の周りを足場防音シートで囲い、屋根瓦、窓や建具、建物本体の取り壊しという作業順で行われます。工事はこれで終わりではなく、実は解体後も、収集運搬、中間処理、収集運搬、最終処理と続いていきます。建物の基礎まで撤去し、ゴミを取り除いて整地するまでを一般的な解体工事としています。
また、基礎を含む建物の解体以外にもブロック塀だけの撤去やリフォームに伴う内装解体など、解体工事には様々な種類があります。解体の目的や建物、周辺状況に合わせて、解体の工法や重機の使用などを選択し、工期や費用はその解体工事の方法に応じて大きく変わります。無駄のない工事が重要となるので現地調査は非常に重要な工程です。

line

工事の流れ

工事の流れ

1.

見積もり依頼

2.

現地調査

3.

見積もり

4.

契約着工日の決定

5.

ご近所様ご挨拶

6.

建設リサイクル法届出書役所申請

7.

ライフラインの撤去手続き

8.

着工

9.

整地

10.

工事完了のお立合い

11.

マニフェスト伝票と再資源化報告書の作成

12.

滅失証明書の送付

建設リサイクル法とは?
建設リサイクル法とは?

家屋解体で出る廃棄物を再生資源として活用し、廃棄物の減量を行うための法律です。延べ床面積80m2を超える家屋の解体工事には7日前までに施主様から行政への届出が義務付けられています。ケーレックスでは代理で申請を行っていますのでご安心ください。

マニフェスト伝票と再資源化報告書とは?
マニフェスト伝票と再資源化報告書とは?

解体業者はリサイクルせずに廃棄処分する部材に関する情報を発行し5年間保管する義務があります。それがマニフェスト伝票です。また、リサイクルの結果を施主様に報告し、保管する義務があります。それが再資源化報告書です。両書類とも施主様に対する罰則はございませんが責任を持って対応します。

滅失証明書とは?

滅失証明書とは?

滅失証明書とは?

現在登記されている不動産を除去するために必要な証明書です。家屋の解体工事完了後、発行できます。土地家屋調査士に依頼するか、施主様自身で滅失登記を行い、建物がなくなったことを登記簿に記録します。
滅失登記をすることで建物に対する固定資産税が徴収されなくなります。ただし、滅失登記は建物の解体後1ヶ月以内に行う必要があります。

よくある質問

解体工事は、何が対象ですか?
ケーレックスでは木造家屋はもちろん、鉄骨建物・RC建造物・プレハブなどの様々な建造物の解体に対応しています。
その他にも駐車場やブロック、フェンス、立木や生垣の撤去、内装解体、倉庫、マンションなど部分的な解体や大規模解体もご相談ください。
スケルトン状態にできますか?
もちろんです。ケーレックスでは更地にするだけでなく、基礎や柱・梁・外壁・屋根などの主要構造部分を残して、内装や設備を取り除くことが可能です。そのほか、細やかなご要望もご相談ください。
店舗の内装工事も可能ですか?
もちろん対応しております。ケーレックスの解体工事は仕上がりがきれいなので、その後の内装工事で余計な費用が発生しないとご評価いただいております。
近隣対策はしてくれるのでしょうか?
ケーレックスでは工事前に必ず、近隣の方々へご挨拶に伺っております。
万が一クレームが出た場合にも迅速に対応致しますのでご安心ください。
隣接する道幅が狭いですが工事は可能でしょうか?
道幅に応じて解体方法を変えておりますので問題ございません。作業車が入れず、手作業となる場合、工期が伸びる場合がございます。現地調査・見積もりの際に最適な方法でご案内しております。
依頼から解体までどの程度の期間が必要ですか?
建物の大きさや周辺環境などによって異なります。
木造2階建てで延床面積が80㎡、30坪ほどの解体工事であれば、スムーズに進んだ場合、建築リサイクル法の手続きに10日ほど、着工から完了までに10日ほど、合わせて20日ほどで解体工事は完了します。
家を建て替えたいのですが、解体と建築は別でお願いした方が良いですか?
建築と解体は一括契約せず、建築は建築会社、解体は解体会社に依頼することをお勧めしており、こうした発注方法を分離発注といいます。一括契約の場合でも、解体工事は建築会社から依頼を受け、解体会社が行う場合がほとんどです。そのため、建築会社は解体工事費用に仲介費用が上乗せします。分離発注の場合、解体会社と直接の契約になりますので仲介手数料が発生せず、解体工事費が20%ほど抑えられることもあります。
空き家を相続し、解体を迷っています。固定資産税について相談することは可能でしょうか?
建物解体を行った場合、建物に対する固定資産税はなくなりますが、土地に対する固定資産税は上昇します。どの程度の節税効果が見込めるか、空き家で放置しておくことのリスクを踏まえた上でご提案させていただきます。ぜひ、ご相談ください。
不法投棄が心配です。
産業廃棄物処理法により、不法投棄が摘発された場合、施主様まで責任を追及されます。ケーレックスでは解体に必要な許可を取得しており、中間処理、最終処理とルートをしっかり確立し、マニフェスト伝票と再資源化報告書も作成しておりますので安心してお任せください。
仕上がりや工事の過程に違いはありますか?
ケーレックスは工事中も整理を心掛け。見直しも徹底しております。
解体業者の悪いイメージを払拭する想いで取り組んでいます。

ケーレックスの強み

ケーレックスの強み

1

安心の対応力

解体工事は現場以外でも近隣住民や
行政の対応など、柔軟かつ的確な対応力が
必要とされます。ケーレックスはお客様
からの「ありがとう」をいただく
ために全力で対応いたします。

2

きれいな仕上がり

ケーレックスはご依頼いただいた
お仕事は責任を持って対応しております。
見直しを徹底し、仕上がりの良さには
自信があります。

3

無料見積

解体工事は事前の現地調査がとても重要
で、工期や見積もりが調査結果によって
大きく変化します。ケーレックスでは見
積もり相談を無料で行っておりますの
で、まずはお気軽にご相談
ください。

会社概要

屋号 ケーレックス
代表者 永島 浩之
住所 神戸市西区池上5-10-2 ジュネスコートA 305
電話 078-806-8712
FAX 078-806-8713
営業時間 9:00 ~ 17:00
休業日 土曜・日曜・祝日
事業内容 解体工事一式・クロス再生 (サンリミックス加盟店)
原状回復工事・外壁工事一式

無料見積もり

お名前

※漢字でご記入ください
郵便番号
※半角数字でご記入ください
都道府県
市区町村以下
住 所
※アパート・マンション名まで入力してください
電話番号
※半角数字でご記入ください
メールアドレス

※半角英数字でご記入ください
内容